腰痛対策について

腰痛対策について

安全帯にも関係してくる腰痛の話しをしたいと思います。日本人は8割が腰痛を経験していると言われていて、年代だと30第~40代が特に多いと言われています。腰痛の原因が分からない場合も多いと言われていますが、日常的な姿勢が原因で腰痛が起こることも少なくありません。

現場などで安全帯を使用して仕事をしていると、どうしても腰に負担がかかってしまいます。最近は安全帯も全身を保持してくれるものが増えてきていますが、それでも長時間安全帯をつけて仕事をしていれば腰だけでなく、体のあちこちに負担がかかりますよね。

腰が悪くなってしまっては仕事だけでなく、日常生活にも支障が出てきてしまいます。腰痛はなかなか完治しないと言われていますが、少しでも緩和させるために日々の腰痛対策はとても大切であると言えます。腰痛対策も色々とありますが、まずは日々の簡単なトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか。

腰痛の原因は特定されておらず、対策もいろいろとありますが、1番簡単な対策として姿勢を正すということがあげられます。姿勢を正すだけで腰への負担をかなり軽減させることが出来ます。運動不足の解消やストレッチなども腰痛には良いとされていますので、少しの時間で良いので継続して行うことが大切です。しかし、腰痛があまりに長く続く場合や、痛みがかなりひどい場合などは、ただの腰痛ではなく他の病気が隠れていることもありますので、病院に行くようにしましょう。

トップページ