安全帯の重要性

安全帯の重要性

高所で作業をする場合、必ず必須となっている安全帯の重要性についてみていきましょう。安全帯の構造・仕様は労働安全衛生法に基づく厚生労働省告示「安全帯の規格」によって定められています。

この労働安全衛生法というのは、「事業者は、労働者が墜落するおそれのある場所、土砂等が崩壊するおそれのある場所等に係る危険を防止するため必要な措置を講じなければならない」というものです。そのほか、労働安全衛生法施行令で「厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備すべきもの」として安全帯が明記されています。安全帯の使用についての具体的な内容は労働安全衛生規則に定められています。

高所で作業する際に伴う転落や墜落の危険を防ぐために安全帯がかなり重要となります。安全帯をしているか、していないかで命が助かるかどうかが決まるのです。しかし、安全帯を身につけていても、誤った使い方をしていると危険が及ぶこともありますので正しい使い方を身につけなければなりません。

トップページ